Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tam21979.blog95.fc2.com/tb.php/274-3b9273c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

私の最終記憶。昨日の晩飯…は、なんだったっけ…?

ひょんなことで先日神戸に劇を見せてもらいに行ってたり
キャラメルボックスという劇団のBye Bye Black Birdというタイトル

アムネジアみたいな感じでランダムな時間までの記憶を失う症状を起こす病気が流行って
患者が無償で簡易な再教育を受けることが出来る「学校」が構築されてる世界で
16歳以降の記憶を失ったヒロイン(三十路前)と、記憶年齢が同世代で同じクラスになった人間の群像劇
…でいいのかな?
家族に無理やり入れられたけど自立したいという人がおり~の
記憶を取り戻そうともがく人がおり~の
家族が居るという現実より学校という空間に閉じこもって人生リセットしたいと思う人がおり~の
社会にも失った記憶にも比較的早い段階で順応してだましだまし生きてる人がおり~の
5年しか削られてないからやり直せばいいって人がおり~の…
色々な覚悟の持ち主が居る中で色々と交じり合ってるうちに、生き方に覚悟を決めたり、当初の目的を忘れて記憶探しの旅に出たり、特定の人物の影が薄くなったりとまぁそんな感じ

個人的には
影が薄い人間が一番正解に近い答えを比較的冒頭で出しちゃったなとか
1000人に1人が回復するならもう少し記憶を取り戻そうとする生徒に協力的でもいいんじゃ? とか
群像劇の割には家族の行動はコピペしたように同じ行動だなと思ったりもしたものの
全体的にいい感じの劇で満足でした
ダンス意味解らんかったけど

冒頭30秒で架空の病気の説明をしてくれたのも、「どういう劇」という覚悟で見ればいいのか分かりやすくて個人的にはよかったっす
劇中に「これはギャグとして見れば良かったのか、単に脚本が執筆時に調べてないだけか」と引っかかって現実に引き戻されるよりは余程いい

ところでタイトルのByebyeblackbirdってなんや~?
ヒロインが突然ポエム言い出したけど、中二病か?
って思ってたら、同名のジャス(?)があるそうで…。よく見たらパンフがその歌詞のまんまだったw
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tam21979.blog95.fc2.com/tb.php/274-3b9273c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

外部ツール

ブログ内検索

最近の記事

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。