Latest Entries

たぬ子

スマホのスペック的に無理だったけど、ラスピリのヴィネット風立ち絵は一回真似てみたいな~と思ってやったら
途中で「アリガチやな」って思いだして色々変更してるうちにヴィネットのネタが打ち消されて
何描こうとしたのかわからなくなったっていう…

ついでに狐耳も作成
スポンサーサイト

うごくマキマキ

ちかりたび~…


とりあえず作りながら分かったこと・思いついたこと
・表情差分は棒立ち時に先につけておくこと
・被コンストレインの子のコンストレインは死ぬ(顔にポーズコンストレインをつけたら髪の毛のIKは機能しなくなる)
・カメラがないならドットで枠を作ればいいんじゃね?

Spine練習

とりま呆れる程度の首振りは普通にできるな
今までサブディビとハードエッジに任せて力技で済ませてたから睫毛の変形がががががw
目はやっぱもうちょっと真ん中エッジ切っといた方が良かったなぁ…w
モーフだとこの辺頂点増やすと頂点番号変わって酷いことになるから、表情モーフテストはセットアップ時にやっとかないといかんな
とりま後は他立ち絵のバイバイと同程度の事が出来れば…




あとまたうごく立ち絵を使ってくださったみたいなのでペタリ

とりま他人に教える時用のメモ

とりあえず弧を描かせるための手段を色々とやってみて、こんなキー数でこんな軌道になりますよメモ
もちろんキーが増えれば増えるほど修正や手間が尋常じゃなくなりますよと

20160720163019fde_20160721000857317.gif

・1つの骨に4つキーを打っただけの左下と、グラフカーブを弄ってS時にした右下
 カーブがX軸とY軸で分離出来ないのでどれだけ頑張っても直線になる。精度を上げようとしたら比例して4の倍数のキーが必要

・2つの骨を親子付けして、X軸の移動とY軸の移動をそれぞれ分担してグラフカーブを編集した真ん中
 ワリと円に近いがグラフカーブの編集が面倒。片側3キー、もう片側4キーの計7キー
 Live2Dの場合は多数のケージデフォーマで1軸ずつ管理する方が捗るのでこっちを主体に使うのが良いかしら

・右上のパスコンストレインはパスの変形も効くので応用もできる。
 球体の移動自体はコンストレイン側で管理。
 ただし、パッと触ってみた感じ、パス側もコンストレイン側もドープシートに反映されないので今のところはパス
 ドープシートにフィルタはあるから近いうちに実装されるか、もうされてて私が見つけられてないのかも

・親に回転させるだけの左上。90度ずつで4キー。グラフカーブ弄る必要なし。
 子の継承を切れば楕円軌道も何とでもなるし親子の距離を変えれば孤の大きさも調節出来る

…最終的な結果が当たり前すぎてあんま作る必要なかったな…

Spine買ったので

とりまちびキャラで練習


インポートはPSDのレイヤーをPNGに切り分けてから該当プロジェクトファイルに入れて認識させるので一手間かかる
Photoshop用にPNGに切り分けてくれてその位置情報をテキストに記録してくれるプラグインがあるので切り分け自体は苦にならないけど
日本語レイヤー名だとその位置情報がインポートできない(テキストファイルなので書き換えたら多分行けると思う)
ので、プラグインを使うならPSDの時点でレイヤー名を英語名にしておくのが無難
位置情報やパスの通りさえ気にしなければ全角名のファイル自体は通るっぽい
この辺は完全にワンタッチなのでLive2Dのが優秀。パッキングされるのがありがたいかどうかは人によるかも
Spineにもパッキング機能があるので必要な素材を全部放り込んだ後でパックすれば良いのかしら

UIはハンドルと骨の当たり判定の優先度と、ドラッグ判定の速さはちょっとストレス溜まる
アニメーション周りはマウス操作のがいいのかも

ポリ割り自体はサブディバイド効かないのでなめらかに動かそうと思ったら手動でそれなりに割らないといけない
そいやテッセレーションって効くのかしら?

セットアップとアニメーションは骨もIKもあるので難しくはない。
SIと同じでIKだと折れる時にピコンとなるのが気になるけど、IK/FKブレンドあるのでそっちで修正できるんじゃないかなと
ただ、移動値のキーがXY分離出来ない(見当たらなかった)のと、
アニメーションカーブがAEで言うところのイーズみたいな感じなのが気になったり

Rolling.gif
とりま回転系でもと思ってやってみたり
当たり前だけどブロックの方は別個に影用レイヤー作るかフラットにしないとパカパカする
球体の方は回転の親の縦横比を変えたら楕円軌道になる。
継承切ってから変形したら真球のまま楕円軌道してくれるかもと思った時には既にアウトプットしてたのでまた今度
とりあえずろくろとか横に潰れた回転は何とかなりそう
360度=0度になるので、間に「どちらに回転するか」のキーを打たないといけない所は地味に面倒くさい

IKは骨2個が限界っぽい。
パスコンストレインにする事も腕と手首みたな配置にしてしまう事もできるので
不便という程ではないけど吃驚した

現状痒いと感じる所も有志プラグインとかあるんじゃないかなと期待するものの…
Spine自体が一般名詞だから検索しづらいところがこのツールの一番の痒いところっていうw

Appendix

外部ツール

ブログ内検索

最近の記事

カウンタ